ブログ|野田駅・野田阪神駅・海老江駅で歯科をお探しの方はこうみ歯科クリニックまで

時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:00
★土曜午後は14:00~17:00
休診日:水曜、日曜、祝日

〒553-0001
大阪市福島区海老江1-4-3 セキュアⅠ1階

  • 電話
  • メニュー

ブログBlog

麻酔はしてもらえる?小児歯科の抜歯について

2019年2月6日

子供の歯は、大人の歯よりも未熟な面が多く、いろいろなトラブルに見舞われやすいです。虫歯はもちろんのこと、転倒して歯が欠けたり、歯茎の中に嵌入したりすることも珍しくありません。
そのため、小児歯科では子供の歯を抜歯する機会も多くなっています。
そこで気になるのが抜歯に伴う痛みですね。ここではそんな小児歯科における抜歯について、どのような痛みの管理が行われているのかを詳しく解説します。

 

1. 小児歯科で抜歯をするケースとは?

 

子供の歯の治療は、大人の歯の治療と少し異なります。例えば、虫歯治療に関しても、大人の歯ほど保存を優先することはありません。
歯の根っこに及んだ虫歯で、歯茎の中まで感染が広がっている場合は、数週間かけて根管治療を行うよりも、抜歯をした方が良いことが多いです。
なぜなら、治療が長引くことで、次に生えてくる永久歯への悪影響が大きくなるからです。
そういう意味で、大人の歯と比べると、子供の歯の方が抜歯になるケースが多いといえます。

 

2. 麻酔のための麻酔処置

 

小児歯科で抜歯をする際には、当然、局所麻酔を施します。ただし、麻酔針による痛みを苦手とする子供が多いため、麻酔を施す前に、表面麻酔を使うことがほとんどです。
表面麻酔はジェル状のものが一般的で、歯茎に塗布するだけでその周囲の感覚が麻痺するため、麻酔針による痛みを軽減することが可能です。いわば、麻酔のための麻酔ですね。

 

3. 抜いたあとに痛みはないの?

 

小児歯科で抜歯をしている最中は、表面麻酔と局所麻酔が作用していますので、痛みを感じることはありません。
ただし、帰宅後に麻酔の作用が切れたら、顎に痛みを感じることがあります。その痛みの強さは、症例によって異なります。
けれども、抜歯の後には鎮痛剤や抗炎症薬などが処方されますので、それらを適宜服用することで、痛みを抑えることが可能です。

 

4. まとめ

 

このように、小児歯科での抜歯でも、きちんとした麻酔処置を行います。
麻酔のための麻酔である表面麻酔も併せて行いますので、痛みに関して心配する必要はないといえます。

 

こうみ歯科クリニック

医院名 こうみ歯科クリニック
院長 河見 光生
住所 553-0001
大阪府大阪市福島区海老江1-4-3
電話番号 06-4796-8841
URL
診療内容 一般歯科・小児歯科・歯周病治療・予防歯科(クリーニング)・予防歯科(フッ素塗布)・口腔外科・顎関節治療・インプラント・義歯(入れ歯)・矯正歯科・マウスピース矯正・審美歯科(オールセラミック)・ホワイトニングなど
概要 野田駅・野田阪神駅・海老江駅の歯医者ならこうみ歯科クリニック。野田駅・野田阪神駅より徒歩3分、海老江駅より徒歩4分、土曜も診療しているとても通いやすい歯科医院です。吉野、玉川、鷺洲など周辺地域からの来院もお待ちしております。
ページトップへ