インプラント|野田駅・野田阪神駅・海老江駅で歯科・歯医者をお探しの方はこうみ歯科クリニックまで

時間 日・祝
10:00~13:00
14:00~19:00
15:00~20:00
★土曜午後は14:00~17:00
休診日:水曜、日曜、祝日

〒553-0001
大阪市福島区海老江1-4-3 セキュアⅠ1階

  • 電話
  • メニュー

インプラント

インプラント

天然歯に近い噛み心地

イメージ画像

歯を失った際に受ける歯科治療は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つに分けることができます。

その中でもインプラントがおすすめなのは、3つの中で最も天然歯に近い噛み心地を手に入れることができるからです。実際に装着したことがある人ならよくわかりますが、入れ歯やブリッジというのは、やはり人工歯という感覚が残ってしまうものです。

一方、インプラントであれば失った歯と同じ機能を取り戻すことができるため、治療後のQOLも格段に上昇します。

インプラントには人工歯根がある

インプラントが失った歯と同等の機能を取り戻せるのは、人工歯根があるからです。

インプラント治療では、フィクスチャーと呼ばれるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込むため、治療後は天然の歯と同じような状態へと回復させることが可能なのです。

一方、ブリッジや入れ歯には、当然のことながら歯根の部分が存在していません。この人工歯根があるかないかで、物を噛んだ時の感覚が大きく変わってくるのです。

顎の骨が痩せていかない

インプラントには人工歯根があるため、物を噛む度に顎の骨へと刺激が伝わります。私たちの体は、筋肉にしろ、骨にしろ、刺激が伝わり続けることで、衰えることなく正常な状態を保てます。ですから、ブリッジや入れ歯のように、段々と顎の骨が痩せていくという現象を回避することが可能なのです。
これはお口の健康だけでなく、全身の健康にとっても有益であるといえます。なぜなら、しっかりとした顎はしっかりと食べ物を噛み、栄養を摂取し続けることができるため、いつまでも健康な体を維持することにもつながるからです。

さらに、インプラントは審美性にも優れた補綴治療ですので、口元にコンプレックスを感じることも少なくなります。そんなインプラント治療についてさらに詳しく知りたい方は、お気軽に当院までご相談ください。

ページトップへ