審美歯科(オールセラミック)|野田駅・野田阪神駅・海老江駅で歯科・歯医者をお探しの方はこうみ歯科クリニックまで

時間 日・祝
10:00~13:00
14:00~19:00
15:00~20:00
★土曜午後は14:00~17:00
休診日:水曜、日曜、祝日

〒553-0001
大阪市福島区海老江1-4-3 セキュアⅠ1階

  • 電話
  • メニュー

審美歯科(オールセラミック)

審美歯科(オールセラミック)

金属アレルギーのリスクがゼロ

イメージ画像

保険治療の銀歯には、いろいろな種類の金属が含まれています。その中にアレルゲンとなるものが存在していると、金属アレルギーを発症することもあるのです。

昨今、歯科治療に伴う金属アレルギーが話題となっていますが、臨床の現場でもそれは確認されています。一方、オールセラミックによる審美歯科治療であれば、文字通り陶器と同じ材料であるセラミックしか使用しないため、金属アレルギーのリスクはゼロになります。生体との相性が非常に良い歯科材料といえます。

変色や摩耗が起こりにくい

保険治療で使用されるレジンという材料は、あまり丈夫ではないため、使い続けていく中で摩耗していきます。また、材料自体が劣化し、変色や着色が起こりやすい傾向にあります。ですので、むし歯治療でレジンを使用した場合、一定期間が経過すると、再度修復なり再製作なりをしなければ機能性・審美性を保てなくなるのが一般的です。

その点、オールセラミックであれば、材料自体がとても安定しているため、経年的な変化が起こりにくいです。天然歯と噛み合っても摩耗しにくく、着色や変色もほとんど起こりません。
ですから、オールセラミックというのは装着時に口元が美しくなるだけでなく、その状態を長年維持し続けることもできる素晴らしい材料といえるのです。

色や質感が美しい

銀歯は金属色が剥き出しであるため、当然見た目も良くありません。レジンに関しても、天然歯に近い色を選択することができるのですが、やはり質感も含めた見た目はセラミックに劣ります。
それくらいセラミックというのは、天然の歯の色や質感を再現することに長けた材料なのです。
それだけに、審美性を追求される患者様でオールセラミックを希望される方はたくさんいらっしゃいます。

ページトップへ